コラボしてみよう!

公開日:  最終更新日:2015/03/26

ここ最近のことですが、何回か連続で、商品展示会のようなイベントに出展して、
弊社のサービス紹介をする機会に参加させて頂いております。

もちろん、来場されるお客様に対してのご説明を目的としているのですが、
その他にも出展業者同士の交流もありまして、
いくつか、ビジネス上のヒントを頂いたりする副産物も産まれそうな予感もしています。

そんなビジネスコラボも、必ず上手く行く訳でもないのですが、

正否の鍵は、
如何に異業種の壁を越えて顧客にインパクトを与えるかと、

その異文化の整合性であるとされています。

 

例えば、ビックカメラとユニクロや、良品計画とURなどがよく知られた例でしょうが、
最近神楽坂にオープンした

「la Kagu」

というキュレーションストアは、
新潮社とサザビーリーグという普通に考えればあり得ないコラボのお店で、
かつコンセプトが単なる商品セレクトではなく、
セレクトする人の意思や哲学が色濃く反映されているのがキュレーションストアである
という点がなかなか面白いと思います。

 HM4Tb3XyAA58CDzMJM3n8fYipGrSPiEH1nTPB82eASM,lDqPNU7q7z-hVf2DmeTXuMki4JVwSLXvDAFWr8ctEdQ,PTiLCZlulzURy_RS3Z39Zb4_QCvlQOjiDStl_E7gXq0

G87PEbfNQ-G7T-gFvpJbxX-ugSBQHZAgwxNfvJLJ8oQ,QIqgogW2NTfsry6L8SK13fCvaN6tu7Lx5Ng3dj-uGEM,9pp4nFrAfV3NM4oMVMBmhFGivEVMIvZ5GEYnTDeqTaM,0lglw3vhnmObxuUNCd8MiHsyw2sVUVOJBpQjkeXpvlM
la Kagu 店舗の様子

 

昨今Webメディアにおいても情報過多の時代に突入し、
自分から能動的に検索して、必要な情報を得るというスタイルから
キュレーター(司書)のおすすめする情報を取得する【手軽さ】を利用するという使われ方が一般化しています。

RS3knh9b07DDglIsH9X_3y9N2luGsEA6nwY3X_S2rW0,ax6xiUDQvZBAx0CI_tF8aKYbOKMk5ul6FzacSptm9Qk,3IUGrLS7OZ28u5orVO258FQKZ-CTPahUigFOBZnCtnc

この【la Kagu】においても、ファッションや飲食、本など、
それぞれの分野のプロフェッショナルにキュレーターとなってもらい、
それぞれの目線でla kaguのコンセプトに合う商品をセレクトして編集している点においては、
一種異文化である企業コラボが成立する意味が発揮されていると感じます。

このブログをお読みになっている皆さんが、
どのような業種、業態の方々かは千差万別でしょうが、

同業種以外のパートナーを
先入観無しに検討してみてはいかがでしょうか?

 

まさかこんな組み合わせ・・・みたいなケースも
案外シナジーを発揮するかもしれませんよ。

 

 

 

kojima

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑